電子書籍

【儲かる?】Kindle出版のメリット・デメリットを解説します【無料で出版】

こんにちは、ピカです。

この度、kindle出版いたしました。

タイトル:隠れアスペルガー症候群の僕が仕事の人間関係や受験をなんとか乗り越えた方法

今回は、キンドル出版における、メリット・デメリットを紹介したいと思います。

メリット① ロイヤリティー(印税)が高い

メリットの一つ目は印税(お金)が得られるところです

印税って言っても、どれくらい? という具体的な金額ですが。

【普通に購入された場合】

Kindleのみの専属契約だと販売額の70%

or

他の媒体でも出版を考えている場合は販売額の35%

【Kindle unlimitedで購読された場合】

1ページあたり0.5円

(正確に言うと、Kindleオーナーライブラリでのダウンロードでも、お金が入るそうですが、ここでは割愛します)

このロイヤリティって、高いの?低いの?

と聞かれそうですが、かなり高いと思います。

通常、紙の本で出版すると、印税は10%ほどですからね(新人作家の場合)

もちろん、kindleは電子書籍なので、印刷費が一切掛かりませんし、書籍が充実することはamazon側にとってもメリットになるので、きっと、このような高いロイヤリティーが設定されているのだと思います。

(ロイヤリティーが、35%か70%かは、自分で決められます)

ピカ

ちなみに、電子書籍の値段は、決められた範囲の中で自分で設定できるよ。

35%の場合:99円~20,000円

70%の場合:250円~1,250円

メリット② SEO効果

本をamazonのプラットフォームから出版しているため、個人ブログよりも、SEOに強いと考えられます。

もちろん、本を知って、ブログに足を運んでくれるお客様もいるので、アクセス数も伸びます。

きっと、本がカテゴリー1位になった日には、そこからたくさんアクセスがあるでしょう。

ピカ

kindleでブログの紹介も出来るし、ブログでkindleの紹介も出来るし、相乗効果が望めるね

メリット③ 飲み会で自慢できる

これは、まぁ、

「俺、著者になったんだぜ!」

という気分の問題です。

それ以上でも、それ以下でもないです。

ピカ

でも、友達に、俺ブログやっているんだ!

って言ったのと、

俺、電子書籍出したんだ!

って、言った時のリアクションは、

電子書籍の方が良かった気がする(多分)

デメリット① 書籍だとデザインの自由度が低い

今度は反対に書籍化によるデメリットです。

デメリットは、ほとんどないんですが、強いて言えば、電子書籍は文字中心にせざるを得ないことですかね。

今回の書籍が、ブログをまとめた内容であり、ピカの吹き出しの部分やブログで使われている囲みなどが、ほとんど反映できませんでした。

(どうやら、表などを使うと、崩れるらしいですね)

なので、デザインに、こだわりのある人は、少しもどかしい思いをしてしまうかもしれません。

デメリット② 表紙は外注になる?

結論から言うと、外注するかどうかは、自分で決めます。

ピカの場合は、自分でデザインしたのですが、ご覧の通り、やはりプロのレベルには達していません。

(他の表紙と比べると、文字が小さくて読みづらかったり、後から気づくことが多いです)

ですので、外注した方が無難ですが、外注はお金がかかるので、結果的にお金的にマイナスになってしまう可能性はあるかもしれません。

ちなみに、私はcanvaというサイトで表紙を作成しました。

非常に簡単にデザインをすることが可能です。

電子書籍化するべきか、しないべきか

これは、是非するべきだと思います。

初めて、電子書籍を作ったのですが、3日もかからなかったですし、操作も簡単です。

また、無料で出来るので、デメリットは手間がかかるくらいです。

特に、ブロガーであれば、ネタ(文章)は既にたくさん書き起こしていると思うので、1回チャレンジしてみることをおススメします。

ピカ

2冊目も、出版しようかな

収益報告

で、結局、どれくらい収益が上がったの?

という話ですが、

始めてから1週間で、うまい棒50本分くらいです(笑)

ブログは始めて、22記事目、約半年で1円の収益でしたから(かなり放置もしていましたが)

初速は、キンドルの方が良いのではないでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。kindle出版は、想像以上に手軽に、短時間で出来ます。また、ブログと違う所は、かなり短期間で収益が出る所だと思います。ぜひ、皆さんも、チャレンジしてみては、いかがでしょうか。また、よかったら、拙著「隠れアスペルガー症候群の僕が仕事の人間関係や受験をなんとか乗り越えた方法」を手に取って、いただけたら、大変ありがたく思います。