仕事

パワハラ上司の対処法【結論:上司の本質を知る】

こんにちは、ピカです。

今も昔も、上司のパワハラで困っている人は多数いらっしゃると思います。

私自身、入社1年目の時の上司が、典型的なパワハラ上司で、とても大変な思いをしました。

しかし、あることに気づいたことがきっかけで、パワハラはなくなり、逆に信頼されるようになりました。

今回は、自身の経験を踏まえ、パワハラ上司に当たってしまった時の対処法をご紹介したいと思います。

パワハラは周囲に相談すべきだが、当時の私は出来なかった

まず、パワハラを受けている場合、周囲に相談することがなにより重要です。

しかし、当時、入社1年目の私は、右も左も分からない状況で、上司というのはこういうものなのだと思い込んでいました。

今思えば、上司の対応は、明らかに常軌を逸したものでありました。

しかし、周りも完全に諦めていたこともあり、なんとなく私も耐えるしかないと思っていました。

そのため、相談するという手段が思い浮かびませんでした。

(入社初日の歓送迎会で、お酌が遅かったという理由で2時間説教を受けました。しかも、その時の上司の発言は、ここで書くと、問題になりそうなので書けませんが、やくざが使うような言葉で延々と攻め立てられました)

それから、1年弱は、耐え続ける日々が続きます。

当時、23歳、自律神経失調症からの社会復帰で本当に辛かったです。

上司の本質に気づく

私は趣味が小説執筆で、その時に人間関係の難しさについて、書いていました(笑)

その時、ふと思ったのですが、なぜ、上司はこんなにも私を責め立てるのだろうかと。

仕事でミスをたくさんしているわけでもないし、反抗的な態度をとっているわけでもないのに。

その時、思ったのは、上司の本当の心内は、言葉とは裏側にあるのではないかと。

もしも、新入社員である私に舐められたり軽んじたりする態度を取られたら、自分のプライドが傷ついてしまう。

だから、上司はわざと強い言葉を使って、攻撃的な態度をとっているのではないかと思いました。

(弱い犬ほどよく吠えるという理論です)

私は、お酌が遅れたことで烈火のごとく怒りだす上司や、自分を持ち上げない他の部下を徹底して無視する上司の姿を見て、そのような結論に至りました。

(当時、職場の雰囲気は最悪で、完全に上司肯定派と否定派が出来上がり、分断していました。仕事はめちゃくちゃになり、事業も失敗に終わりました)

ピカ

当時の職場状況は、一言で言えば、お通夜状態。

仕事も人間関係もめちゃくちゃでしたね。

徹底してゴマをする

こういうことは、本当はやりたくなかったのですが、私はゴマをすることにしました。

上司と上手く行っている少数の部下は、皆すべからくゴマすりをしていたからです。

私は、チャンスがあれば、「課長、そのスーツ似合ってますね」とか

「部長が課長のことほめていましたよ」とか自分から声をかけに行くことにしました。

周りの人は、私のあからさまな嘘に気づいていたと思いますが、この方法は上手く行きました。

自信のない、小心者の上司は、当時23歳の若者の見え透いた嘘にも、顔を綻ばせ、明らかに機嫌がよくなりました。

ピカ

嘘を見抜く能力のない上司で助かった

また、その時に役に立った書籍を紹介します。

2冊とも、どのような点に注目し、言葉をかければ、人は喜ぶのか。

詳細に具体的に書いてあります。

人の本質を知れば人間関係は上手く行く

その人がどのような人であるか本質的な部分を知ることが、人間関係をよくするコツだと思います。

(言葉の裏側を読み、その人が喜ぶことや嫌がることを知ることが重要です)

強い言葉を使う人間はそれを隠すために本心では、不安や劣等感でいっぱいである可能性は高いです。

パワハラ上司も、見下されたくない、軽んじられたくないと強く思うが故に、わざわざ強いふりをしていたと思います。

だとしたら、面従腹背で嘘でもいいので、その人が望む言葉をかけてあげましょう。

仕事の能力に不安があるパワハラ上司に対して

←僕の実力じゃ、どんなに努力しても〇〇さんに追いつけません。

←〇〇部長が、ほめていましたよ

←仕事において、○○さんには絶対的な信頼を、みんなよせていますよ

このような、が、流れるように口から出るようになれば、goodです。

強い不安を持っている人間は、逆を言えば、コントロールしやすいです。

おだてて、自分の都合のいいように、事が運ぶようにしましょう。

※疑り深い人や人を見抜く能力がある人には逆効果になってしまうかもしれません。よく見極め、自己責任でお願いします。

対人関係における自信は少しついた

私はこのパワハラ上司を克服したこともあり、人間関係を構築する能力に自信が持てるようになりました。

また、どんな上司が来ても、あの人よりはマシだというメンタリティも持つことが出来ました。

その点では、非常によかったです。

しかし、願わくば、もう二度と、あのような上司には、当たりたくないものです(笑)

また、2年間で上司が部署異動になったのですが、新天地でも、悪い噂ばかり聞きますね。

ピカ

いい加減、暴れるのは辞めて欲しいよね

【人間関係】アスペでも会社の飲み会が楽しくなった方法職場の飲み会が面白くないって感じている方、いらっしゃいますよね? 過去の私もそうでした。しかし、あることを意識してからは、飲み会が苦痛から楽しいになりました。会社の飲み会が嫌いな方、楽しみたい方、必見です。...

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。このようなことを書いておいてですが。やはり、パワハラ上司に出会ってしまったら、周囲に相談することが、まず大事だと思います。一人で解決しようとせず、職場の大多数を味方につけ、こちらの正当性を主張しながら、パワハラを辞めさせることが出来れば、それが一番いい解決法かもしれません。