自律神経失調症

【体調の波】自律神経失調症で調子が悪くなった時・良い時の心持ち(対処法)を説明します

こんにちは、ピカです。

自律神経失調症になると、誰しも多かれ少なかれ、体調の波があると思います。

調子がいい時は気分も上向きますが、悪い時は絶望してしまう人もいると思います。

そこで今回は、体調が悪い時・いい時の心構え(対処法)を、

約3年で自律神経失調症を寛解した私が説明したいと思います。

体調が悪い時の心構え

体調が悪い時は、何もかもを悲観的に考えてしまいがちです。

私の場合、このような状態が一生続くんだ、もう一生働くことや遊びに出かけることは出来ないと、自分で自分を追い込み、

さらにネガティブになっていたような気がします。

そのような時は誰の意見も聞く気になれませんでしたし、自分の殻に籠っていたと思います。

ネガティブなピカ

もう人生終わりだ

そのような時は、何も頑張る必要はありません

ただ自堕落に過ごしましょう。

というか、こうしましょうと指示されることすら腹が立つような状況だと思いますので、どうしようが、いいと思います。

私は、ネガティブになると、最終的に世の中が悪いなどと自分で勝手に結論を出すことが多く、とにかく不貞腐れていました。

不貞腐れるピカ

俺が悪いんじゃない。悪いのは社会だ!

ただ、実際に人に迷惑をかけてしまう行為までしてしまうと、あとで大きな後悔となってしまう可能性があるので、そこだけ気を付けましょう。

それ以外なら、いくら自堕落に過ごそうがいいと思います。

自堕落にしていれば、時間はかかるかもしれませんが体調は少しマシになるかもしれませんし、ならないかもしれません。

でも、まぁ、いいじゃないですか。

今はただ、諦めましょう

自堕落になりましょう。

言いたいことはそれだけです。

体調がいい時の心構え

逆に自律神経失調症を患っていても、比較的調子がいい時はあると思います。

調子がいい時は、心も上向きになります。

調子に乗るピカ

ひゃっほー! なんでも出来るぜ!

しかし、調子がいい時ほど注意しましょう。

勝手に自分は治ったと勘違いをして、無理をして、不調に陥ってしまうことがあります。

調子がいいと思う時でも、いつもと同じように過ごしましょう

いきなり、ハードルを上げて、激しい運動や精神に負担のかかることをしてはいけません。

気持ちは分かります。

誰だって、一日でも早く病気から治りたいんです。

元の生活を送りたいんです。

しかし、自律神経失調症は思った以上に根の深い病気であったりします。

負荷をかけていいかは、主治医と相談しながら、ゆっくりすぎるくらいのペースで行いましょう。

難しいけど一喜一憂しないことが重要(まとめ)

自律神経失調症寛解への道のりは思ったよりも長いです。

寛解まで辿り着くには、100回以上の好不調を経験すると思います。

そこで、一番重要なのは平常心を持つことです。

悟りを開こうとするピカ

心頭滅却、南無阿弥陀仏、一攫千金…

調子がいい時に、喜びすぎたり、悪い時に、どん底になったりせず、なるべく気持ちの振れ幅を大きくしないようにしましょう。

(といっても、不可能なのは分かります)

体調がジェットコースターのように動きまくる中で、自分は本当によくなっているのか、もしかしてどんどん悪くなっているのではないかと不安になる気持ちも分かります。

そういう時は、良くなろうと思わないことです。

諦めましょう。

私は、精神的な病というのは、良くなろうと、力めば治るものではないと思っています。

むしろ、脱力したような状況が良かったりするのです。

しかし、自律神経になったばかりの時は、そう言われても納得できないものです。

なので、頑張りたければ頑張ればいいし、

ジタバタしたければジタバタすればいいし、

諦めてもいいと思うし、

ジェットコースターのように動きまくる自身の体調に振り回されるのもいいし、

自分の思うままに過ごしましょう。

調子が悪い時

自堕落になる。諦める。不貞腐れる。

調子がいい時

無理をしない。いつも通り過ごす。

以上です。

今回の記事が、自律神経失調症などで苦しんでいる方に少しでも勇気を与えられたら、嬉しいです。もちろん、私は医学的な知識を持ち合わせているわけではないので、参考程度に考えていただけるとありがたいです。